会長からの挨拶

大学コンソーシアム佐賀 会長
佐賀女子短期大学 学長 田口 香津子

大学コンソーシアム佐賀は、平成19(2007)年12月18日、佐賀大学の長谷川学長ほか当時の佐賀県内大学関係者の合意により設立されて以来、佐賀県の活性化に貢献できる高等教育機関の基盤を構築して参りました。

当時の設立趣意書には、次のように記されています。
「各大学の個性と特色を尊重しながら、相互に連携・協力していくことで、大学等全体の教育・研究の質的向上と発展を実現し、地域における高等教育力の活性化を図る。さらに行政や産業界と連携しながら、地域社会の教育・文化の向上、発展に貢献することで活力ある社会・地域づくりに寄与する。」
平成20年度からは、文部科学省の「戦略的大学連携支援事業」に採択され、単位互換制度による教育共有化の促進や学生の大学間交流活動の支援に取り組んでまいりました。また、平成24年度からは、文部科学省の「大学間連携共同教育推進事業」にも採択され、大学共通の認定資格「子ども発達支援士」養成プログラムの開発と実施に取り組んでまいりました。この事業では、ステークホルダーであるこども園・保育園・幼稚園・小学校・特別支援学校・関連NPO団体等とも連携し、高等教育機関として「発達障がいを持つ子どもの支援ができる専門職業人の育成」に寄与できたと一定の評価を受けています。

他にも、文部科学省選定のCOC+事業やプラットフォーム事業等、佐賀県内の大学が複数校で取り組む際に、大学コンソーシアム佐賀の存在がプラスに働いていることは否めません。大学コンソーシアム佐賀の各部門会議の中で培ってきた顔の見えるネットワークがあればこそ、大学間の利害を超えて、共通の社会課題に対し次の一手が打てる基盤が生まれたと認識しています。

大学コンソーシアム佐賀設立以降、長谷川会長、佛淵会長、宮崎会長と佐賀大学より3代の学長先生のリーダーシップと万全な事務局体制で牽引していただきましたが、平成29年度より、各校3年間の輪番制を導入することが決定しました。協議により、佐賀女子短期大学が大学コンソーシアム佐賀の会長校となりました。独立行政法人佐賀大学と私立短期大学の本学とは学校の規模が大きく異なりますが、設立の趣旨に鑑み、佐賀県内の大学間連携と地域活性化のために力を尽くす所存です。

どうぞ、皆様のご理解とご協力を一層お願いいたします。

PAGE TOP